弁当ホームページ作成
by home_bt
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
ホームページ作成弁当
未分類
以前の記事
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ホームページ作成弁当
at 2011-12-04 00:25
ホームページ作成弁当 「犬神..
at 2011-12-02 23:34
ホームページ作成弁当 <かす..
at 2011-12-01 22:34
ホームページ作成弁当 「ミシ..
at 2011-11-30 11:22
ホームページ作成弁当
at 2011-11-26 22:13
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ホームページ作成弁当 東日本大震災:鎮魂の祈り込め 現代美術家・仲さん、宝塚で個展 /兵庫

震災翌日の新聞で作品
 東日本大震災の被災地に対する鎮魂の思いを表した宝塚市売布4の現代美術家、仲清人さん(61)の作品展が、同市中山寺1の「ミュージアムカフェ みゅーず」で開かれている。30日まで。震災発生翌日の新聞の一部を白色アクリル絵の具などで塗り、祈りの気持ちを表現した。仲さんは「自分なりの解釈で作品を見てほしい」と話している。【後藤豪】
 仲さんは今回の震災で、あらゆるものが自然の脅威によって失われた現実に強いショックを受けた。震災後初の個展は、「3・11」がテーマとなった。
 作品展の名前は「MARGA『と』」。仲さんは、古代の装身具の一種「勾玉(まがたま)」にこそ、祈りや願いの思いが宿っているように感じているといい、「マーガ」ととった。「と」には「ともに生きる=共生」の意味を込めた。
 メーンの作品には、震災翌日(3月12日)の新聞を使用。その上から、アクリル絵の具などで勾玉に模した形を描くことで、祈りを表現した。その他、黒の板に白の絵の具などで津波や渦を表現した作品など、震災を意識した。
 「喪失と希望」を主なテーマにした詩集が同時販売されている。収益の一部は東日本大震災の義援金に充てる。
 21日は休み。「みゅーず」のホームページ(http://www.cafemuse.jp)。
〔阪神版〕

ホームページ作成株式会社杉山システム
[PR]
# by home_bt | 2011-11-20 22:42 | ホームページ作成弁当

ホームページ作成弁当

子どもの「活字離れ」を抑制する取組みとは

若者の活字離れが年々、深刻化している。そもそも人間は、読書を通じて考える力を養ってきたと考えられるが、近年のネット社会の発達により、その手段さえ修得すれば、考えずとも情報が集まり、分析や判断も他人任せで成り立ってしまう傾向にある。言語力の低下は、人間の判断能力まで奪い去ってしまっていると懸念されている。

 そのような中、各企業や団体は、少しでもこの「活字離れ」を抑制しようと、様々な取り組みを行っているようだ。東京都では「『活字離れ』対策検討チーム」を立ち上げた。これにより活字の大切さを改めて見直すとともに、世界基準とされる「言語力」の向上を通じて、世界で活躍できる若者を育成すべく、「言葉の力」再生プロジェクトを実施している。

 また、ANALOG TWELVE(アナログトゥエルヴ)は小学生向けにソーシャルリーディング(読書体験共有)を支援するネットサービス「Bookly(ブックリー)」を開始した。これは日記感覚で感想文を書くうちに、読書が日常習慣となり、また数多くの種類の本を読むことで国語力や読解力、思考力の成長を促すというもの。読んだ本の名前や感想を書き込むと次の“おすすめの本”を紹介し、またサイト内で他の小学生の“おすすめの本”から次に購読する本を選べるコミュニケーションによる読書の日常化をサポートする。今後は、小学校と連携しサービスを展開する予定で、小学生が活字に親しむ機会を支援する。

 さらに山田養蜂場では、1999年より開始している活動として、自然環境・食・命・国際理解などに関する書籍を集めた「みつばち文庫」(12冊)を小学校へ寄贈している。この取り組みは、新聞や同社のホームページなどで、「あなたが本を贈りたい母校やゆかりのある小学校」を一般公募し、書籍を抽選で寄贈するという内容。小学校における図書不足の声を聞き、また、「活字離れ」を少しでも緩和する方法として始めたという。本年度は全国2,283の小学校へ寄贈。これまで13回で寄贈数は延べ42495校、50万冊を突破している。

 子どもの頃から「読書」を習慣づけることは、成長した時に物事を平面に捉えることなく、立体的に考えることができる想像力が身に着くと言われている。各企業のこうした取り組みで、小学生の「活字離れ」が少しでも抑制されることを願いたい。(編集担当:宮園奈美)

ホームページ作成株式会社杉山システム
[PR]
# by home_bt | 2011-11-19 23:45 | ホームページ作成弁当

ホームページ作成弁当

iPadは1回分、iPhoneならば約5・6回分フル充電できる1万mAh超え大容量モバイルバッテリ

フォーカルポイントコンピュータは、台湾Just Mobile製で10,400mAhの大容量モバイルバッテリ「Just Mobile Gum Max」を発表した。販売開始は12月上旬。価格はオープンで、同社直販サイト価格は12,800円。
 「Just Mobile Gum Max」は、モバイル機器の充電が可能なポータブルバッテリ。Dockコネクタケーブル(Dockコネクタ-USB A)を使いiPadやiPhone、iPodを、USBケーブル(micro USB-USB A)を使ってUSB充電に対応するスマートフォンなどを充電できる。

 10,400mAhの大容量モデルで、ハイパワーUSBに対応しており、iPadは1回分、iPhoneならば約5・6回分のフル充電が可能。iPhoneのフル充電を約1時間で行なう。バッテリ残量を確認できるLEDインジケータランプを搭載。「Made for iPad」「Made for iPhone」「Made for iPod」の認証を取得した製品となる。

 本体内蔵の大容量バッテリの蓄電用にmicroUSBポートを搭載。本体サイズは幅83×高さ110×奥行き26mm、重さは約280gのポータブルタイプで、筺体素材にはアルミニウムを採用。手になじみやすい角を丸くしたラウンド形状のデザインを採用し、2011年度グッドデザイン賞を受賞している。本体と付属ケーブルなどの持ち運び用に専用キャリングポーチを同梱する。

ホームページ作成株式会社杉山システム
[PR]
# by home_bt | 2011-11-18 16:16 | ホームページ作成弁当

ホームページ作成弁当

iPhone 4Sを買う前に...Androidケータイに強度では絶対に勝てないことを覚えておこう!

よく落っことしちゃう人は考え直したほうがいいかも...



さすがはA5プロセッサーを搭載して、他のAndroidスマートフォンと比較しても断トツのスピード感を誇る「iPhone 4S」ではありますが、最大の欠点ともいうべきポイントは、そのキャシャな強度にあるのかもしれませんよ。やっぱり少なくともなんかケースでガードしておかないと、裸族には厳しい現実が待ち受けていそうですね。
実際にド派手に腰や肩の高さから落とすドロップテストの結果、ガラス製のiPhone 4Sは、下手をすると1回の不運な落下事故でも粉々に表面および背面ガラスにヒビが入っちゃうことが判明しちゃいました! でも、同じドロップテストでも、サムスンの「GALAXY S II」ならば、プラスティックボディーにゴリラガラスという組み合わせは最強で、ちょっとしたスクラッチのキズは入りますが、少々の落下事故くらいならば余裕でサバイバル可能なんですよね~

iPhoneユーザーにとって、絶対に誤って落としちゃったりしないように、大切に気をつけてiPhoneを使わないといけないのは必須となりますが、将来的には、その強度にも気を配った新モデルの発表に期待したいところでもありますでしょうかね

ホームページ作成株式会社杉山システム
[PR]
# by home_bt | 2011-11-16 02:29 | ホームページ作成弁当

ホームページ作成弁当

損保各社、顧客利便性向上狙い導入 タブレット端末で契約手続き

損害保険各社が、タブレット型端末で契約手続きが完了できるシステムを相次ぎ導入する。ペーパーレス化による地球環境への配慮に加え、手続き時間の短縮、申込書類の紛失・盗難による個人情報漏洩(ろうえい)のリスクの低減できるなどの利点もあり、顧客利便性を高めるツールとして代理店での活用を促す考えだ。

 三井住友海上火災保険は7日から、損保業界で初めて自動車保険と火災保険の契約手続きをタブレット端末上で完了できるシステムの運用を開始した。保険料の見積もりから契約内容の確認、契約時の署名といった手続きがすべてタブレット型端末の画面上でできるのが特徴だ。

 東京海上日動火災保険も来年4月から、タブレット型端末を活用した契約手続きシステムを導入する方針で、「ギャラクシータブ」や「iPad(アイパッド)」などのタブレット型端末の画面上で自動車保険加入時の保険料試算や商品説明、申込みなどが可能になる。

 代理店事務所のパソコンからのアクセスに限定していた代理店システムにタブレット型端末やスマートフォン(高機能携帯電話)からもアクセスできる「マルチデバイス対応」もあわせて実施し、代理店業務の効率化を図る。

 タブレット型端末を利用することにより、「申込書記入などで20~30分かかっていた契約までの時間を5~10分に短縮される」(東京海上日動)という。またタブレット型端末内には顧客情報を保存しない仕組みのため、「端末を紛失・盗難した場合でも顧客情報の漏洩は起きない」(三井住友海上)などメリットは多い。

 損害保険ジャパンも同様のシステム導入を検討しており、損保業界に一気に広まりそうだ。(橋本亮)

ホームページ作成株式会社杉山システム
[PR]
# by home_bt | 2011-11-15 00:58 | ホームページ作成弁当