弁当ホームページ作成
by home_bt
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
ホームページ作成弁当
未分類
以前の記事
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ホームページ作成弁当
at 2011-12-04 00:25
ホームページ作成弁当 「犬神..
at 2011-12-02 23:34
ホームページ作成弁当 <かす..
at 2011-12-01 22:34
ホームページ作成弁当 「ミシ..
at 2011-11-30 11:22
ホームページ作成弁当
at 2011-11-26 22:13
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ホームページ作成弁当

つなごう希望:東日本大震災 海洋科学高の生徒会、復興願い手作りミサンガ /大分

◇「絆」寄せ書きと、気仙沼向洋高へ
 臼杵市の県立海洋科学高(生徒数130人)の生徒会が、東日本大震災からの復興への思いを込めて手作りのミサンガ(手首などを飾る手芸の組みひも)500本を宮城県気仙沼市の県立気仙沼向洋高に贈る。海洋科学高3年の本田朋也生徒会長(17)は「まだまだ大変だと思うが、笑顔を忘れず一つ一つ乗り越えて早く復興できるよう頑張って」とエールを送る。
 今年7月に臼杵市であった「全国水産・海洋高校カッターレース大会」で、生徒会は被災地の一つ、青森県の八戸水産高を含む参加20校からメッセージを募った。一方で、生徒会は校内にミサンガ作りを呼びかけ、ほとんどの生徒が放課後や家でミサンガを作った。
 両市は、気仙沼市で開かれている「サンマ祭り」で交流がある。臼杵市の造り酒屋「久家(くげ)本店」が「何かできることはないか」と、祭り実行委関係者に話したところ、「津波被害に遭い、3高校に分散して授業を続けている気仙沼向洋高を元気づけてほしい」と返事があった。この話を聞き、気仙沼向洋高に贈ることに決めた。メッセージの寄せ書き「絆」とともに今月中にも届ける。
 気仙沼向洋高のホームページによると、今月から別の高校の運動場に完成した仮校舎での授業が始まった。海洋科学高生徒会役員で2年の田中羽衣(うい)さん(17)は「大分と被災地は遠く離れているが、ミサンガをすることで絆がつながれば、うれしい」と話している。【古田健治】

ホームページ作成株式会社杉山システム
[PR]
by home_bt | 2011-11-25 15:31 | ホームページ作成弁当